[スペースA]寺崎英子写真集刊行委員会 公開編集室

「細倉を記録した寺崎英子の遺したフィルム」(仙台写真月間2020)

2020.09.22(火)〜2020.09.27(日) 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

terasaki01.jpg
terasaki02.jpg
terasaki03.jpg
1941年、旧満州に生まれた寺崎英子は、家族とともに鉱山の町細倉に移り住み、家業の売店を生業にしてきました。鉱山の閉山が発表されると寺崎はカメラを手に、その後の細倉とそこに暮らす人々、そして、暮らしの痕跡が野に還っていく姿を丹念に撮影してきました。この企画は、2016年、75歳で亡くなった寺崎から託された約1万3千カットのネガから、写真集制作のため の編集を6日間にわたって公開で行うものです。

主催 : 寺崎英子写真集刊行委員会 協力 : せんだいメディアテーク・メディアスタディーズ
寺崎 英子 Terasaki Eiko
1941 旧満州生まれ。幼少期に脊椎カリエスを患う。
1986 細倉鉱山閉山の発表直後から写真を撮り始め、新聞掲載等で注目される。
2015 写真家の小岩勉に全てのネガを預ける。
2016 死去。
2018 東川賞 ( 飛騨野数右衛門賞 ) にノミネートされる。
<展示>
2017
「細倉を記録した寺崎英子の遺したフィルム」SARP
「細倉を記録した寺崎英子のまなざし展」せんだいメディアテーク
2018
「細倉を記録した寺崎英子のまなざし展」細倉マインパーク
「細倉を記録した寺崎英子の遺したフィルム・カラー編」SARP
「細倉を記録した寺崎英子のまなざし展・カラー編」せんだいメディアテーク
2019
「細倉を記録した寺崎英子のまなざし展・カラー編」栗原文化会館

11:00 - 19:00 (月曜定休)
〒980-0012宮城県仙台市青葉区錦町1-12-7門脇ビル1F
TEL&FAX 022-222-0654 

月別アーカイブ