2012年・ゼロ・アートプロジェクト関連企画『仙台アンデパンダン展2012』

「一切の権威を拒絶し、純粋な作家の領分をこの場に展開させよう!」

(1964年仙台アンデパンダン展出品要項より)

この度「仙台アンデパンダン展2012」を開催する運びとなりました。

本展は、「2012年・ゼロ・アートプロジェクト」の関連企画として、仙台のギャラリースペースが連携して協力・企画されるものです。

本展では、ジャンル、趣向、年齢、経歴、主張、価値観、党派、、、あらゆる垣根を越え、誰にでも等しく開かれた、表現の場であることが目指されます。

60年代の読売アンデパンダン、仙台アンデパンダンなどからはや約半世紀−50年の歳月が流れ、その自由で独立した精神は、様々な紆余曲折を遂げながら、依然として一個の表現者にとって、かけがえないものであることには変わりありません。21世紀の今、ここ・仙台で、あらためてその精神のあり方を確認し、そこから生まれる表現を、一堂に会してみようとする本展は、大変得難い機会となるに違いありません。

<会期>
2012年5月22日~6月3日(月曜日休み)
<場所>
ギャラリーターンアラウンド、仙台アーティストランプレイス・スペースB、アートルームエノマ、GALLERY ECHIGO、ギャラリーチフリグリ、中本誠司現代美術館。
<主催>
「2012年・ゼロ・アートプロジェクト」実行委員会
<協力>
ギャラリーターンアラウンド、仙台アーティストランプレイス・スペースB、アートルームエノマ、GALLERY ECHIGO、ギャラリーチフリグリ、中本誠司現代美術館。
<関連企画>
  • 「ゼロ次元展」2012年5/4~5/20(予定)(ギャラリー・ターンアラウンド)
  • トークショー+αライブ 「加藤(ゼロ次元)×舞踏集団×石川雷太」2012年5/19(せんだい演劇工房10‐BOX)
  • 「前夜祭・2012仙台アンデパンダン」2012年5/15~5/20(SARP・スペースA)
  • 「画家・石川舜トークイベント」聞き手・鈴木直樹(会場SARP・スペースB)
  • 「石川雷太展」2012年6/9~7/1(月曜休み)(ギャラリ―ターンアラウンド)
<搬入搬出>
  • 原則として直接搬入か委託搬入にて行なうこととします。
    2012年5月21日(月曜日)午前9時~午後15時まで
  • 出品者へは事前(5月前半)に展示場所などに関する連絡があります。連絡後指示に従い搬入計画を立ててください。
<出品規定>
本企画は「アンデパンダン」の形態をとるので、基本的には出品料を支払えば誰でも、どんな作品でも出品できます。インスタレーション、ハプニング・パフォーマンスなどによる参加も可能です。
  • 壁面−1.5メートル×1.5メートル以内
  • 床置き−1.5メートル×1.5メートル以内
  • 主に安全面などで問題が予想される作品に関しては、実行委員会の判断に委ねられます。
  • 展示、スケジュール管理は実行委員会に委ねられます。万が一作品が破損した場合は責任を負いかねます。何卒ご了承ください。
  • 映像作品などで必要な機器は自身で準備すること。
  • 応募者数が許容範囲を越えた場合、途中で募集を打ち切らせていただくことがあります(先着順)。
<出品料>
1点 ¥2000
搬入時主催者側へ直接か以下まで現金書留にてお願いいたします。
〒980-0805
宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階・ギャラリーターンアラウンド
<申込方法>
4月末日まで「申し込み用紙」(チラシより切り取り)を事務局に郵送か持参、ファックスにて提出。
あるいは以下アドレスまでメール連絡でも可。(チラシは各ギャラリ―ホームページからダウンロードできます)。
『仙台アンデパンダン展2012』(PDF)
提出先
〒980-0805
宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階・ギャラリーターンアラウンド
電話・022-398-6413 FAX・022-398-6413
e-mail・
11:00 - 19:00 (月曜定休)
〒980-0012宮城県仙台市青葉区錦町1-12-7門脇ビル1F
TEL&FAX 022-222-0654 

月別アーカイブ