仮設住宅にCDを贈ろう!!

津波ですべてを流され失った被災地へは、東日本大震災から半年が経過した今、緊急的な食料・医療の支援、仮設住居・必要最低限の家財などの物質的な支援は大方終了し、個々人のニーズに細分化されてきました(ふんばろう東日本、amazonのほしいものリスト参照)。

震災から半年の間物質的な支援を行ってきた、遠方に居住している支援を考えている人間は、被災地の支援の次の段階を考えるようになりました。現地でヒアリングをするにつけ被災された方々も震災前の平穏な生活で楽しんでいた趣味嗜好のものへ目が向き始めていました。

心のケアや産業支援のような専門的なことではなく、誰でもできる範囲で今から何ができるのか? そこで、

仮設住宅にCDを贈ろう!!
募集している物
ご家庭に眠っているCD。ジャンルは問いませんが、対象年齢が高めになることが考えられます。演歌・民謡・歌謡曲・カラオケ・Classic・JAZZ等があれば大変喜ばれます。なお、コピーCDはうけつけられません 荷物の送り先
〒984-0062
ミヤギケン センダイシ ワカバヤシク ユミノマチ
宮城県 仙台市 若林区 弓ノ町 10-14
NPO法人 笹舟 「仮設住宅にCDを贈ろうプロジェクト」係
電話:022-223-8546 荷物の仕分け
NPO法人笹舟事務所にて
送られてきたCDを選別し、各仮設住宅へ責任をもってお送りします。
各仮設住宅、仮設住宅併設の集会所
8月からスタートし、約75カ所(2011年12月現在)の仮設住宅・集会所へCDプレイヤーおよび中古CD(10枚程度)を送っています。そして集会所の担当・運営組織の方にライブラリーとしてのの運営を行ってもらうよう承諾済みです。

送り先の仮設住宅は、2011年12月現在
陸前高田市 10カ所、大船渡市 35カ所、住田町 3カ所、浪江町(二本松市、桑折町、福島市など) 27カ所となっています。
みなさまからの支援の状況などはこのサイトにて随時ご報告させていただきます。