10 22, 2009

「戯曲を読む!別役実研究会」-2nd season-


10-BOX+トライポッド共同製作プロジェクト-子どもと楽しむ別役実-

「戯曲を読む!別役実研究会」-2nd season-

日本を代表する不条理演劇の雄であり今なお新作を発表し続ける"別役実"。このプロジェクトでは、2010年に実施を予定する「子どもと楽しむ別役実」と題した公演を念頭に、その準備段階として、まずは、膨大な戯曲群の中からテキストを何本かを選び"声に出して読む"という研究会を行うことになりました。

1960年代の初期作品から近年の作まで、幅広く研究の対象にし、声に出して読み、参加者それぞれの感想を互いにフィードバックして共有することで、迷宮のような構造を持つ別役実の世界をひもといて行ければと考えています。

1回につき1本の作品を取り上げる形式ですので、ご都合の良い日にご参加いただけます。「別役実が好きな方」「この機会に戯曲を読んでみたい方」「2010年の上演に興味のある方」。そのほか、たくさんの方にご協力いただきたく思います。皆さまのご参加をお待ちしております。



10-BOXでは開館の翌年から「演劇が演劇以外のジャンルと手を結ぶ試み」を、学校や公共施設や福祉団体などと行い現在も続けています。その結果、体験的に心を動かすことが人間の知性や認識力にとって有効であることを再発見すると同時に、現在まだ演劇と接点のない、社会問題や医療科学を背景としたニーズの存在も見えてきました。今年度に入り、今後の継続や展開についてトライポッドの森さんと定期的な話し合いを重ね、ひとつの具体的な提案を受けて「別役実研究会」を行うことになりました。この場が、ニーズに届ける素材の研究と、情報交換の一助になることを願っています。

せんだい演劇工房10-BOX 二代目工房長 八巻寿文


■コーディネーター:森 忠治(トライポッド)
■ナビゲーター:生田 恵(三角フラスコ)

◆会場: せんだい演劇工房10-BOX(仙台市若林区卸町2-12-9/022-782-7510)
※日によって部屋は変わります。

◆日時・内容:※全て19時集合~22時 

2009年
11月12日(木)「受付」(1980年)
11月26日(木)「会議」(1982年)
12月13日(日)「移動」(1973年)
12月22日(火)「すなあそび」(1987年)

2010年
1月 7日(木)「病気」(1981年)
1月21日(木)「壊れた風景」(1976年)
2月 4日(木)「赤い鳥の居る風景」(1968年)
2月18日(木)「ハイキング」(1984年)

※作品は都合により、変更になる場合もございます。


◆参加費無料

◆申込方法:要事前申込 [開催日の2日前までにお申込みください]

 下記の事項を電話もしくはE-mailにてお知らせください。
・お名前 ・(あれば)御所属先 ・ご連絡先(電話番号) ・参加日

【申込先】せんだい演劇工房10-BOX:TEL.022-782-7510 E-mail:box-10@k2.dion.ne.jp

お問い合わせ:
せんだい演劇工房10-BOX TEL.022-782-7510
トライポッド TEL.022-728-1383

◎主催:トライポッド ◎協力:せんだい演劇工房10-BOX

9 02, 2009

三角フラスコ#32「星屑とボタン」

三角フラスコ、2009年秋は仙台・大阪2都市公演を行います。

2007年に東京/こまばアゴラ劇場にて初演した
「星屑とボタン」を新たなキャストを迎えてお届けします。

チケットのご予約は、どうぞお早めに。

-------------

三角フラスコ#32「星屑とボタン」

32_1.jpg

作・演出
生田恵

出演
瀧原弘子、七海良郎(満塁鳥王一座)、熊谷由海(Project T-time)、
真田鰯、藤原貢(劇団やんま)、半田深雪(魚類の薔薇)

frasco32_cast.jpg

■あらすじ
取り壊しが決まった団地。そこに暮らしていた夫婦。建物としての役目を失い終わってゆく部屋。離婚を決め、消えかかる二人の関係。そこへ子どもの頃、そ部屋に暮らしていたという青年が訪れる。場面は変わって、とある老人介護施設で生活を送る、もう一組の夫婦。ゆったりと流れて行く日常。しかし彼らもまた、やがて静かに終わりを迎えようとしている。

■会場・日時
<仙台公演>
エル・パーク仙台スタジオホール
宮城県仙台市青葉区一番町4-11-1 三越定禅寺通り館6F
Tel.022-268-8300

2009年10月20日(火)~22日(木)
20日(火)19:30-
21日(水)14:00-☆、19:30-□
22日(木)14:00-●、19:30-
☆=終演後、ポストパフォーマンストークあり
□=日本語字幕付き上演
●=無料託児サービスあり(要事前申込)

※開場 各20分前
※受付・当日券販売 各45分前
※上演時間90分(予定)
※未就学児入場不可

<大阪公演>
心斎橋・ウイングフィールド
大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F
Tel.06-6211-8427

2009年11月6日(金)~8日(日)
6日(金)19:30-☆
7日(土)15:00-、19:30-☆
8日(日)15:00-
☆=終演後、ポストパフォーマンストークあり

※開場 各20分前
※受付・当日券販売 各60分前
※上演時間90分(予定)
※未就学児入場不可

■料金
日時指定
前売 2,300円
当日 2,800円

U-22割 1,500円 (各回申込先着20枚)
ペア割 4,000円 (各回申込先着20組)

※U-22割は公演当日22歳以下の方が対象です。
受付にて年齢の分かるものをご提示いただきます。


公演詳細は>>こちら

◎CoRich舞台芸術>「星屑とボタン」

7 17, 2009

「戯曲を読む!別役実研究会」※申込方法など追記しました


10-BOX+トライポッド共同製作プロジェクト-子どもと楽しむ別役実-

「戯曲を読む!別役実研究会」

日本を代表する不条理演劇の雄であり今なお新作を発表し続ける"別役実"。このプロジェクトでは、2010年に実施を予定する「子どもと楽しむ別役実」と題した公演を念頭に、その準備段階として、まずは、膨大な戯曲群の中からテキストを何本かを選び"声に出して読む"という研究会を行うことになりました。

1960年代の初期作品から近年の作まで、幅広く研究の対象にし、声に出して読み、参加者それぞれの感想を互いにフィードバックして共有することで、迷宮のような構造を持つ別役実の世界をひもといて行ければと考えています。

1回につき1本の作品を取り上げる形式ですので、ご都合の良い日にご参加いただけます。「別役実が好きな方」「この機会に戯曲を読んでみたい方」「2010年の上演に興味のある方」。そのほか、たくさんの方にご協力いただきたく思います。皆さまのご参加をお待ちしております。



10-BOXでは開館の翌年から「演劇が演劇以外のジャンルと手を結ぶ試み」を、学校や公共施設や福祉団体などと行い現在も続けています。その結果、体験的に心を動かすことが人間の知性や認識力にとって有効であることを再発見すると同時に、現在まだ演劇と接点のない、社会問題や医療科学を背景としたニーズの存在も見えてきました。今年度に入り、今後の継続や展開についてトライポッドの森さんと定期的な話し合いを重ね、ひとつの具体的な提案を受けて「別役実研究会」を行うことになりました。この場が、ニーズに届ける素材の研究と、情報交換の一助になることを願っています。

せんだい演劇工房10-BOX 二代目工房長 八巻寿文


■コーディネーター:森 忠治(トライポッド)
■ナビゲーター:生田 恵(三角フラスコ)

◆会場: せんだい演劇工房10-BOX(仙台市若林区卸町2-12-9/022-782-7510)
※日によって部屋は変わります。

◆日時・内容:※全て19時集合~22時 
7月28日(火) 「マッチ売りの少女」(1966年・岸田戯曲賞受賞作品)
8月8日(土) 「眠っちゃいけない子守唄」(1984年)
8月29日(土) 「消えなさいローラ」(1994年)
9月11日(金) 「メリーさんの羊」(1984年)
9月25日(金) 「椅子と伝説」(1974年)
10月9日(金) 「とうめいなすいさいが」(1992年)
10月24日(土)「象」(1962年)
☆11月以降のラインナップ予定:「すなあそび」(1987年)、「壊れた風景」(1976年)、「受付」(1980年)、「スパイものがたり」(1970年)、「会議」(1982年)、「ハイキング」(1984年)、「移動」(1973年)、「赤い鳥の居る風景」(1968年)、などより選定。
※作品は都合により、変更になる場合もございます。


◆参加費無料

◆申込方法:要事前申込 [開催日の2日前までにお申込みください]

 下記の事項を電話もしくはE-mailにてお知らせください。
・お名前 ・(あれば)御所属先 ・ご連絡先(電話番号) ・参加日

【申込先】せんだい演劇工房10-BOX:TEL.022-782-7510 E-mail:box-10@k2.dion.ne.jp

お問い合わせ:
せんだい演劇工房10-BOX TEL.022-782-7510
トライポッド TEL.022-728-1383

◎主催:トライポッド ◎協力:せんだい演劇工房10-BOX

7 08, 2009

ヒロコゼミ*リ・スタートします【参加者募集中】


hirokozemi2009-summer.jpg
2009 "夏の" 「ヒロコゼミ」のお知らせ*8月18日(火)・19日(水)・20(木)

お待たせしました!
充電期間をいただいていた「ヒロコゼミ」、リ・スタートいたします。
今回より3日間連続の内容になります。
場所も変わって、新たに始まります。


【ここは教室ではありません。/ Here is not a classroom.】

ヒロコゼミは、俳優が作品の稽古に入る準備をするために
自分の「からだ」について理解を深め、
スキルアップにむけての研究・検証のために広く開放された場です。
教室のような「教える⇔教わる」という場ではありません。
参加者それぞれが同じ体験を通して、
他人との違いを発見し自分自身の「からだ」について知っていくことを目指します。

4つのテーマが混ざり合ったエクササイズを通して
より深く自分を知ることが出来るように考えています。

俳優自身のための稽古を通して「俳優としての身体と意識のあり方」を発見し、
今後のそれぞれの活動に繋げていく。ヒロコゼミはそんな場所です。

舞台の上で作品世界を生き抜くために
「からだ」と「こころ」と「ことば」を探るエクササイズを通して
現在の自分を再認識し、新しい役との出会いに準備します。

現在劇団に所属している人はもちろん
継続的な稽古の機会を持たない方や
自分の俳優としての作業を再確認したい方に
ぜひご参加いただければと思います。

■日程

8月
18日(火)
19日(水)
20日(木)
19:15-22:00※途中10分程度の休憩有


■会場
仙台市青葉区中央市民センター 小ホール(2)(3F)
仙台市青葉区一番町2-1-4
[東二番丁小学校・西側]
JR仙台駅から徒歩12分
※駐車場はありません。

■4つのテーマについて
[自由なからだ]
日常生活で抑制された身体を解放し、自由で大胆な"からだ"を取り戻します。

[感覚をひらく]
普段なにげなく使いこなしている視覚や聴覚を再認識し、自分の世界をひろげます。
また、新しい世界を発見します。

[楽に呼吸する]
発声も会話も「呼吸」という運動からはじまります。
頑張らないことで顔にも身体にも余裕ができます。

[演技のはじまり]
身体の反応とわきあがる感情を大切にし、驚きを楽しむ。
"うまれてくる演技"とは何かを探ります。

■対象
現在俳優として活動している方/これから俳優として活動したい方
※俳優として活動する意思のある方であれば未経験者でも構いません。

エクササイズは激しい運動ではありません。
ハンディキャップをお持ちの方は事前にお知らせください。
高校生・未成年者の方は保護者の方の同意書をご記入いただきます。
書式はこちらでご用意いたしますのでお申し出ください。

■参加方法・運営協力費
※事前にお申込みが必要です。参加に当たって運営協力費をいただきます。
○運営協力費:4,000円(初日に集めます)
●締切=8月16日(日)

■お申込方法
e-mailまたはFAXで受付いたします。以下の事項をお知らせください。
折り返しご連絡いたします。
・お名前・メールアドレスもしくはFAX番号・電話番号
送信先
e-mail:hirokozemi@frascoweb.jp
FAX:022-728-1383
担当/森
*このお申込みでお知らせいただいた情報は「ヒロコゼミ」の連絡にのみ使います。
その他の目的では使用しません。

■進行役
瀧原弘子(たきはら・ひろこ)
1976年生まれ。仙台市出身。
1995年高校卒業後、生田恵らと三角フラスコを結成。俳優として活動する。
これまで ほぼすべての作品、100ステージ以上に出演。
2003年には「光の輪のような」で演出を担当。
外部出演作品に福島の劇団、満塁鳥王一座公演「ヌノ」(2001年)
瀧原弘子×澁谷浩次「パンクDJ殿山和子」(2002年)
杜の都の演劇祭「見えない人間の肖像」(2009年)など。
俳優になりたい人のための指導法を学ぶ「俳優指導者養成ゼミ」の第一期生。
山中ゆうり、池内美奈子、木村早智の各氏に指導を受けた。

■主催 tripod/トライポッド
■協力 三角フラスコ

■お問い合わせ
tripod/トライポッド tripod-info@frascoweb.jp

5 19, 2009

劇団衛星「珠光の庵」

tripod/トライポッドの森忠治は
劇団衛星「珠光の庵」仙台公演に制作協力しています。

jukou-sendaiomote.jpg

京都発!お茶会演劇が仙台にやってくる!

「珠光の庵」あらすじ~真の巻~
侘び茶の祖・村田珠光が一休宗純の元に身を寄せていた頃。珠光は華やかな闘茶の世界に身を置きながら、しかし常に満たされぬものを感じていた。一休のトンチと寺を訪れた将軍の存在、まぶたの君である小夜の言葉をキッカケに、茶禅一味の境地に至り、侘び茶を完成する。

皆さまどうぞお見逃しなく。

劇団衛星「珠光の庵」
2009年7月19日(日)

作・演出:蓮行
出演:
首藤慎二(ベビー・ピー)、ファックジャパン、紙本明子、黒木陽子
宮嶋ユオリ、蓮行、河合宏友(WANDERING PARTY)

日時・開演時間
7月19 日(日)15:00/18:00
開場各30分前

会場
エル・パーク仙台和室

入場料
3,000円 お抹茶とお菓子つき
日時指定・自由席
※各回25席限定

※未就学児のご入場はお断りいたします。

チケット予約のお申込み・お問い合わせはこちら

CoRich舞台芸術>「珠光の庵」仙台公演